税理士の収入に影響するものとは?

2019年4月18日

その他

税理士の収入に影響するものとは? はコメントを受け付けていません。


就きたい仕事を決めるときは、自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。
そのためには、身近な人から話を聞く方法があります。
興味を持つ仕事に友人が就いている場合は、直接聞きやすいですよね。
家で事業をしている場合は、後を継ぐことも選択肢のひとつかもしれません。
仕事を決めるときは、どれくらいの収入を得られるのかも把握しておく必要があります。
生活していくにはお金が必要なため、収入によるモチベーションへの影響が避けられないからです。
ところで、税理士の仕事はどうなのか気になりますよね。
税理士になるには、税理士試験の合格と実務研修(2年以上)が不可欠です。
その後、税理士事務所などの勤務を経てから独立するケースも少なくありません。
収入は事務所の規模などによって異なるほか、独立しても高収入が約束されるとは限らないのです。
収入は顧客数にも影響されるため、固定客を掴むことが大事な条件といえるでしょう。
さらに、競合相手の存在も見逃せません。
地元に税理士事務所が多い場合は、新規開拓が困難なこともでてきます。
このような背景もあり、税理士の収入を考えるときは、いろいろな条件が複雑に関係することを知っておきましょう。