月別: 2016年5月


後進の育て方

2016年5月16日

その他

後進の育て方 はコメントを受け付けていません。


蜷川幸雄さんの告別式が行われました

沢山の俳優が弔辞を述べ惜しまれて行かれました

その中で一つ心に残ったことが

「泥水を飲め、もがけ苦しめ、それでもだめだったら手を挙げろ、その時は俺が引き上げてやる」

蜷川さんはこういったらしいですね

後進をいかに育てるか、これに尽きるのではないでしょうか

自分で模索し壁にぶつかり挑戦する、それを繰り返して本人が育っていく

でも時にはどうしようもない時がある、その時に自分だったら引き上げてやれるかどうか?

ましてそれまで見守るなんてことが出来るのだろうか?

告別式の弔事、なんか本当に考えさせられました

別に自分が育てなくてはいけない後輩を持っているのではないけれど、こういう考えが大事なんでしょうね

というかこういうことが出来ないと世界と対峙できないのかもしれません

会ったことも見たこともないけれど、蜷川さんは大きな器の人だったんでしょうね

ご冥福をお祈りします

街のあちこちにできる建売住宅、あれを見るたびに元は何だったんだろうと思ってしまいます

大きな家があったはずなのにいつの間にか建売になっているんですよね

おそらく相続税対策で土地を手放したのでしょうが、なんかもったいないことをしてますよね

もちろん相続税を払うのは国民の義務なんですが、節税とか方法はありますよね

手放す前に神戸 相続税対策で調べて対策をしていればそのまま住めていたのかも

もめる前に税理士法人FLAPに相談ですね

群馬のホワイトニングについて

2016年5月14日

その他

群馬のホワイトニングについて はコメントを受け付けていません。


以前、芸能人は歯が命というフレーズが流行しましたが、今では芸能人ではなくてもキレイな歯が重要で、歯医者に行っても歯並びがいい白い歯を勧めています。
歯医者が街中のいたるところにある時代なので、歯医者の意識も変わり、虫歯がなければいいというだけではなく、歯並びがいい白い歯を目指して治療しています。
それで、多くの歯医者では以前のように虫歯の治療だけではなくて、歯科矯正やホワイトニングをして、来院する人が芸能人のような白い歯になるのを手助けをしてくれます。

例えば、群馬のホワイトニングについては、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングという二つの方法を採用していて、歯を白くするのを助けています。
オフィスホワイトニングでは歯医者に行ってホワイトニングをするので、歯の表面にホワイトニングの薬を塗って、歯の色を白くして見た目を良くしてくれるそうです。
群馬のホワイトニングでこの方法が人気があるのは、一回の治療で歯が白くなるのですぐに美しい白い歯を手に入れることができるからで、すぐに効果を期待する人には好都合です。