フリーター(フリーアルバイターともいいますが、その定義は曖昧です)や契約社員(雇用期間が決まっていることが多く、契約更新されなけれね失業してしまいます)、派遣社員(場合によっては、紹介予定派遣ではなかったとしても、正社員になれることもあるのだとか)の場合、自分で確定申告(所得税の確定以外に、法人税額や消費税額を確定させるための申告手続きもあります)をする人が多いようです。それが正社員になった場合はどうなるのかといいますと、今度は確定申告(上手に節税することで、納める税金の金額を減らすこともできるでしょう)ではなく、源泉徴収(給与明細などに詳しい金額や内訳が記載されているでしょう)制度になり、毎月の給与から税金(所得税、住民税、自動車税など、色々なものについて回ります)を引かれるようになるでしょう。そして、十二月の年末調整で、実際に支払った税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)と、しはらうべき税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)の総決算をするのですね。大半の場合、毎月の税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)は多めに引かれていらっしゃいますから、年末調整で戻ってきます。この年末調整、会社でやってくれますから、正社員は特別なことはする必要はないでしょう。高額な医療費がかかったとか、住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)を支払っているとか、副業(副業をしていることがわかっても、黙認している人事担当者が多いそうです)などを行ってる場合は確定申告をする事になるものの。しかし、年度の途中から正社員になった場合(1月から正社員になった場合は関係ないでしょう)、たとえば、6月までフリーター(面接官に対する?象はあまりよくないといわれています)をしていて、7月から正社員になった等という場合は、確定申告(上手に節税することで、納める税金の金額を減らすこともできるでしょう)をします。確定申告(税金に関する申請手続きのことで、所得税額を確定させることを指すことが多いです)では、フリーター(フリーランスアルバイターの略語で、フリーアルバイターということもあります)をしていたときの所得は事業所得に書き、正社員になってから得た収入は給与所得に書きます。所得税はフリーターだったとき控除されていた分と、正社員になってから控除された分を合計して源泉徴収(給与や報酬などが支払われる際に、所得税などが引かれていることをいいますね)税額に書きます。それから、ただしい所得税額を計算して、その差額が徴収されるか、還付(もらえるはずのお金をもらわないのはもったいないですから、面倒でも確定申告をしましょう)されるかだとされているのです。なお、保険については、フリーター(バブル期に大量に発生し、一般的な概念となりました)のときに支払った国民健康保険(色々な種類があり、職業などによって加入できる保険が畭なります)と国民年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)、それに、正社員になってから支払った社会保険と厚生年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)を合計し、社会保険料に記載しますー